2012/02/09

懐かしのスクリーントーンの削りカス

20120203-analog_s.jpg
クリックで拡大画像が見られます。

見てる方にはどうでも良い話ではあるのですが
ものすごく久しぶりにアナログオンリーで仕上げた落書きです。
学生時代に使ってたトーンがどっさりでてきたので描いてみました。

原稿用紙に付けペンでペン入れ。トーンも貼ってます。削ってます。
本来、あえて言うようなことじゃなく普通の作業工程なんですが。

「描いてる感」は圧倒的にアナログです。
しかし作業効率ならやっぱりデジタル。あとコスト。

では、同人作業の脱線から戻りつつ12日のWFに思いを馳せる作業に戻ります。
ガレキなんて組んだ事無いのに15000円のものを買ってよいのかー?
良くないよなー。でも欲しいー。うがー。
始発で行っても売り切れてそうで杞憂かもしれないけど。